社員紹介STAFF

社員紹介

当社で活躍している社員をご紹介します!

  • 高崎センター勤務
  • 岡山センター勤務
  • 新潟センター勤務
  • 花巻センター勤務
  • 本社勤務
  • 本社勤務
  • 業務改革推進部勤務
  • 本社勤務

仕分作業管理課 
望月 琢(高崎センター勤務)

写真1
写真2

1 . 現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

現在行っている仕事は、仕分け作業のコントローラー業務です。
主な仕事としてはドライバーさんから運ばれてくる商品の荷受けをして種類ごとに分けて仕事がしやすいように各仕分場所に供給しています。作業に使う道具の片付けや仕分作業場所の整備など作業者の方々が仕事をしやすい環境を作っています。
私たちの仕事は実際に店舗に並ぶ前の商品を管理し出荷することです。私が携わった商品が出荷され店頭に並んでいる姿を見ると仕事をした実感が湧いてきます。またラインのコントローラーとして作業者の方々に指示をだし仕事をしてもらいそれがうまく回ったときにやりがいを感じます。

2 . 入社のきっかけについて教えてください。

入社のきっかけは、大学で実施された説明会に参加したことでした。
もともとコメリは知っていましたが、北星産業のことは知りませんでした。学生時代に物流業でアルバイトをしたこともあり、物流業界に興味を抱き、具体的な作業内容や社内の雰囲気などを知るためにセンター見学にも行きました。
センター見学で各部署の仕事内容を実際に見ることができたのでよかったです。

3 . 今後の目標について教えてください。

仕分け作業者の方たちが効率良く検収、仕分けが出来るよう商品を供給していけるようになりたいです。
そのために日々全力で仕事に取り組みます。
そして社員として頼りがいのある存在になれるよう努力していきます。

4 . 入社から現在までの経歴を教えてください。

2017年4月入社 高崎センター 仕分作業管理課 定型ライン係 コントローラー

仕分作業管理課 
高橋 奈々(岡山センター勤務)

写真1
写真2

1 . 現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

入社をして2年目になりました。
約半年間の研修を終え、現在はコントローラーとして岡山センターで荷物の荷受け・供給をしています。
新しく入ってきた派遣・アルバイトの方に私が先輩社員から学んだことを少しずつ教えられることにやりがいを感じています。 まだまだ分からないこともありますが、先輩社員から指導していただけるので心強いです。

2 . 入社のきっかけについて教えてください。

大学で行われた個別の企業説明会で北星産業に興味を持ちました。
説明会を通して「世の中・お客様のために」と常に考えているコメリのグループ企業であり、 その物流面を支えているのが北星産業であることを知りました。
全国転勤を通してスキルを身に付けられることがとても魅力的だったことや、北星産業は男性社員が多いイメージですが、女性も活躍できる環境もあり、私でも次に入ってくる女性社員のための道を作ることができるのではないかと思い、北星産業を選びました。

3 . 今後の目標について教えてください。

将来はコントローラーとして少しでも生産性をあげ、北星産業に貢献していくことが目標です。
数字を追いながら人の荷物の管理をできるようになるため日々の業務を一つ一つに丁寧に取り組み、多くの経験や知識を積み上げていきたいと考えています。
コメリのグループ会社という位置づけではなく、物流企業として社会的に認知されるように 頑張っていきたいです。

4 . 入社から現在までの経歴を教えてください。

2016年入社 岡山センター 仕分作業管理課 配属

仕分作業管理課 運輸 
藤原 太一(新潟センター勤務)

写真1
写真2

1 . 現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

私が所属している部署は、店舗へ商品を配達するトラックのコントロールを行っています。
物流センターでは全国各地のお取引様から納品された商品を店舗別に仕分し、専用の什器に積込み、トラックで店舗へ配達しています。私は店舗からの発注データや物流センターの処理計画等から翌日必要なトラックの台数を算出し手配を行っています。また、物流センターの仕分が完了した後には、店舗別の配達する商品量に応じ、どのトラックがどの店舗へ配達に向かうのかドライバーの方に指示を出しています。
日々物流センターから店舗へ出荷する商品量も増減し、適正なトラック台数を見極めるのは難しい面も多くありますが、計画通りに店舗への配達が完了した時や、計画とは違った配達状況を上手く修正出来た時にはやりがいを感じます。

2 . 入社のきっかけについて教えてください。

当社は大手ホームセンターであるコメリの物流子会社であり、安心して働ける環境にあると 思い、入社を決めました。
また、コメリ店舗の全国各地への積極的な出店に伴ない、物流センターも増えており、会社の将来性にも魅力を感じました。

3 . 今後の目標について教えてください。

トラックドライバー不足が近年深刻化しており、現在の物流業界を取り巻く環境は厳しいものがあります。
とりわけ繁忙期には全国的にトラックが不足する状況に陥ります。当社においては、トラック不足に陥ると店舗への商品供給が滞り、来店されるお客様に迷惑がかかり、信頼も失ってしまいます。そういった事態にならない為にも、当社に協力して頂いている運送会社と緊密な連携をとり、より一層の協力関係を構築し、当社の直接のお客様である店舗からも、ビジネスパートナーでもある運送会社からも信頼して頂けるように尽力していきたいと思っています。

4 . 入社から現在までの経歴を教えてください。

2001年4月入社  新潟センター 仕分作業管理課 定型ライン配属
2005年11月  新潟センター 仕分作業管理課 運輸配属

センター長 
小原 健(花巻センター勤務)

写真1
写真2

1 . 現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

センターはコメリグループの物流基地として、管轄する店舗に対して商品供給などの後方支援を行う場所です。
単に商品を仕分けて店舗に配送しているだけではなく「付加価値を加えて送り出す」そのような場所だと考えています。センターでひと手間を加えることで、店舗での作業が楽になったり 商品力強化にも貢献できることもあり、グループ内での戦略的な物流拠点だと捉えています。 ただし、いくら付加価値を加える為だといっても、無制限に経費を掛ける訳にはいけません。 ここで必要にになるのがコントロールであり、センター内での最終判断を行うのがセンター長の役割です。もちろん1人で何でも行う事はできませんので、各部署の担当者と調整しながら日々の業務を行います。センター内での判断が難しい場合は、本社の関係各部署に相談し最も良い方策を取って行きます。この過程を踏まえて、良い結果が得られるように誘導していくところにやりがいを感じます。センターとしての役割を果たしつつ、働くみんなの為になるようにと意識しながら職務にあたっています。

2 . 入社のきっかけについて教えてください。

以前から物流という分野に興味を持っていましたが、生まれ育った地元に新たに物流センターが出来るという事で入社を希望しました。

3 . 今後の目標について教えてください。

物流センターの現場から、100%の作業精度を目指して行きます。
そして、その結果を得る為の過程でより効率よく作業出来る様に、従業員一丸となって取り組んで行きます。 また作業方法だけに捉われる事無く、環境面での工夫等にも目を向け、従業員の皆さんに気持ち良くやりがいを持って働いてもらえるような環境を構築していきたいです。これが出来ると、必ず結果がついて来ると信じて職務にあたって行きたいと考えています。

4 . 入社から現在までの経歴を教えてください。

2005年入社 花巻センター 商品管理課配属 出荷業務担当
2009年 花巻センター 仕分作業管理課配属 定型ライン部署長
2010年 本社 開発建設部(現 物流企画開発部) 開発建設課配属 業革担当
2014年 花巻センター 仕分け作業管理課配属 所属長
2015年 花巻センター センター長

物流企画課 
鎌田 政規(本社 物流企画開発部勤務)

写真1
写真2

1 . 現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

センター業務に必要な什器(カゴ車・パレット等)、マテハン機器(フォークリフト・ 運搬コンベアー等)の調達と、それらの保守・修繕を行っています。
またセンター業務における人手で行っている作業による経費削減の企画も行っています。
所属が本社だけに、求められる事や仕事のハードルが非常に高いですが、それを乗り越えたときの達成感はひとしおです。

2 . 入社のきっかけについて教えてください。

様々な理由により、前職からの転職を決意。
求職活動中にたまたま北星産業を見つけました。
入社の決め手となったのは、「優良企業である株式会社コメリ(東証1部上場、ホームセンター業界店舗数No.1)の子会社」であること。
また面接の際の面接官の方々にもしっかりとした印象を受け、入社を決めました。

3 . 今後の目標について教えてください。

毎日、勉強の日々ですが、そこから得た知識を我が物として、この仕事のプロフェッショナルになっていくこと。
また健康体で定年まで仕事をまっとうすることです。

4 . 入社から現在までの経歴を教えてください。

2007年入社 花巻センター 商品管理課配属
2014年 本社 物流企画開発部 配属

調達物流課 
江口 由希子(本社 営業部勤務)

写真1
写真2

1 . 現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

私は営業部調達物流課の新潟地区担当として、取引先様から北星産業の各センターへ納品される荷物の輸送調整をしています。
決められた納品期日、物量、荷姿に対し最適な輸送方法(トラック、貨物、船など)を選択し、運送会社へ依頼します。
取引先様とセンターの要望をマッチングさせることは困難なこともあります。
ですが、それだけにやりがいのある仕事です。営業として様々な企業に訪問する機会もあり、幅広い知識経験を得られキャリアウーマンとしても成長できます。

2 . 入社のきっかけについて教えてください。

大学での企業説明会が開かれると知り、日ごろコメリ店舗を利用している親しみから参加したのがきっかけでした。
物流業界は男性社会のイメージがありましたが、説明を受け、女性社員も多数活躍されてると知りました。
北星産業はコメリの物流子会社であり、店舗の物流サポートの役割を担っています。
縁の下の力持ちであるこの会社は、私の性格に合っていると思い入社を希望しました。

3 . 今後の目標について教えてください。

新潟担当としてより効率よく正確な輸送ができるよう、運送業者様と取引先様に提案し改善したく考えております。
そのためにも北星産業の輸送の仕組みを理解し、物流業界の知識を深め、新たな提案が行えるよう物流セミナーに参加しています。
今後は活動範囲を広め全国にある取引先様を訪問し、センターまでの輸送を任せていただけるよう営業活動を頑張ります。

4 . 入社から現在までの経歴を教えてください。

2013年 入社 新潟センター 定型ライン配属
2016年 本社 営業部 調達物流課配属

センター作業改善推進課 
近藤 和也(本社 業務改革推進部勤務)

写真1
写真2

1 . 現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

物流センターの作業効率改善のための機器の導入を行っています。
現在、取り組んでいるのは重量検品ピッキングカートの導入です。重量ピッキングカートは 台車(カート)に搭載されている端末画面の出荷先店舗、商品、重量の表示に従い、ピッキング作業を行う物流機器です。
端末画面に従い作業を行うことで出荷不足や超過を防ぎ、出荷精度をあげることができます。 本社転勤の段階で前任者から計画を引き継ぎ、カート本体の形状、運用方法、導入することで期待される効果などを調査・立案し、現場の方々や上司、先輩からアドバイスを頂きながら、より良い物を作り上げていくことにやりがいを感じます。

2 . 入社のきっかけについて教えてください。

新潟での就職説明会でたまたま立ち寄った北星産業のブースで会社の話を聞き、店舗へ商品を供給している物流倉庫があることを初めて知りました。
1000を超える店舗にどのような方法で商品を供給しているのか、どんな仕組みがあるのか、興味が湧いたのがきっかけで採用試験を受けてみようと思いました。

3 . 今後の目標について教えてください。

まずは重量検品ピッキングカートを新潟センターで導入し、期待される効果を出すこと。
さらに他センターへの水平展開を行い、センターの作業効率改善に尽力したいと思います。
また、それ以外の現場作業についても、改善できる部分を見つけ、現場で働く人々がより良い作業ができるように企画・立案を行い、導入をしていきたいと思います。

4 . 入社から現在までの経歴を教えてください。

2010年4月  新潟センター 人事総務課(7ヶ月間で全部署の研修期間)
2010年11月  岡山センター 商品管理課 2F担当(2年10ヶ月)
2013年9月  本社 物流企画部 システム企画課
2016年11月  業務改革推進部 センター作業改善推進課

センター運営本部 
畑 国博(本社)

写真1
写真2

1 . 現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

全センター、各部署において作業マニュアルがあり業務上重要なルールです。
そのルールが徹底出来る為の現場作業環境が維持されているか、各部署でマニュアル通りの仕事を行っているかを確認して行くことが私の仕事です。
各センターの業務担当者と成果が出せた喜びや、残念ながら成果が出せなかった事への原因と次回への対策を共有する事にやりがいを感じます。

2 . 入社のきっかけについて教えてください。

当時、第6番目(現在10センター所在)センターである岡山事業所の新設稼働メンバー募集案内を見て、前職が営業だった私には全くの転職とも言えましたが新しいセンターの一員として新設準備から携われる事も大きなきっかけでした。

3 . 今後の目標について教えてください。

北星産業の持つ物流機能を、最大限生かせられるようなオペレーションができる組織とセンターにしてゆくことです。
標準化された仕事以外に、イレギュラーな事案が発生することは昨今の物流事情のことも重なり多数あります。その際、センターの運営を円滑にするためにもノウハウを持った人材育成をすることが今求められています。

4 . 入社から現在までの経歴を教えてください。

2004年8月  岡山センター  仕分作業管理課 定型ライン配属
2009年2月  九州センター  仕分作業管理課 運輸配属
2012年8月  茨城センター  仕分作業管理課 運輸配属
2017年3月  新潟センター  センター次長配属
2017年10月 北星産業本社  センター運営本部配属